プロフィール

山根宏彰(Yamane, Hiroaki)

慶應義塾大学大学院 理工学研究科
2014年9月 博士号(工学)を取得 (指導教官 萩原将文教授)
博士論文「キャッチコピーの自動生成に関する研究」

日本学術振興会特別研究員DC2(2013年4月-2014年9月)、PD (2014年10月-2015年3月)

PRINTEPS(CREST 山口高平教授)プロジェクトメンバー(感性モジュールの構築を担当) 2015年4月-9月
東京大学 大学院情報理工学系研究科 原田研究室 特任研究員、京都大学 大学院情報学研究科 知能情報学専攻 特定研究員を経て、理化学研究所 革新知能統合研究センター 医用知能機械チーム 特別研究員。

Information and Processing Management Journal, IJCAI reviewer, IEEE Signal Processing Society, MICCAI Scociety、日本知能情報ファジィ学会、日本メディカルAI学会(メディカルAI専門コース公認資格) 各会員。

ヒトのココロに訴えるAIとヒトと健康に寄与するAI双方、すなわちWell-beingに関する研究開発に携わってきました。まず、自然言語処理分野で、感情をベースにした研究(キャッチコピー、ユーモア、モラル等)の研究を行ってきました。さらに「脳活動からヒトが何を見ていたかを予測」する脳のデコーディング分野の経験もあり、人を用いた評価実験の経験を積んでいます。また医療画像分野では、健康に寄与するCTからの医療診断サポートシステムの構築に携わっています。

Hiroaki Yamane (山根 宏彰)

I received a Bachelor of Engineering, a Master of Engineering, and a Ph.D. degree from Keio University under supervision of Prof. Masafumi Hagiwara.

I was a member of the PRINTEPS (CREST) project, which was launched by Prof. Takahira Yamaguchi. I’ve been supported by the research fellowship for young scientists (DC2 starting from April 2013 to September 2014, PD starting from October 2014 to March 2015) by Japan Society for the Promotion of Science.

I worked as a project researcher at Harada lab. at the Graduate School of Information Science and Technology, the University of Tokyo. I moved to Kamitani Lab at Kyoto University. Currently, I’m working as a postdoctoral researcher at RIKEN AIP and studying “Machine Intelligence for Medical Engineering”.

I’m reviewing IJCAI 2020, and I have a mebership for IEEE Signal Processing Society, MICCAI Scociety, Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics, and Japanese Association for Medical Artificial Intelligence with a certified qualification.